人気ブログランキング |
ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

ふるさとの宝物 第132回 南部下北半島真景図・津軽外ヶ浜真景図

北方警備の要所描く

b0111910_910759.jpg
南部下北真景図「蛇浦のほとり切通の望」


南部下北半島真景図・津軽外ヶ浜真景図は、江戸時代の絵師大野文泉が描いたもので、2巻に分かれ、それぞれ16枚の絹本彩色画で構成されている。
 絵師の大野文泉は白河藩士で藩主松平定信に仕えた。彼は文化4年(1807)8月に奥州・羽州方面の古社寺・古武器と真景(土地の景観)の写生を命じられ、仙台~南部~秋田をめぐり、中尊寺の古物、遠野南部家や櫛引八幡宮の甲冑を写生した。文泉に同行した田井元陳(定信の側近)が書いたと思われる「ふところ日記」(東北大学附属図書館蔵)の末尾には、櫛引八幡宮以降の行程が列挙されていて、下北半島を訪れた後に津軽半島を回ったことが確認できる。
文化4年は、4月に幕府が箱館奉行及び弘前・盛岡両藩に宗谷防衛を指示し、5月にはロシア船の利尻島への進入に対して奥羽諸藩に蝦夷地出兵を命じるなど、ロシア船の来航に対する北方警備が強化されていく時期である。描かれた場所のほとんどが津軽海峡に面した下北半島及び津軽半島の沿岸部であり、当時の情勢を併せ考えると非常に興味深い。
 また、アットゥシ(アイヌの衣服)を着た人物がたびたび描かれていることから、描かれた地域におけるアイヌ民族との交流を考察する上でも有益な情報を提供する資料である。3月3日から開催の新収蔵展で公開予定だ。
(県立郷土館学芸課副課長 竹村俊哉)
# by aomori-kyodokan | 2016-02-11 09:08 | ふるさとの宝物

ふるさとの宝物 第131回 庚申様の柱

津軽の特色ある習俗

b0111910_9441569.jpg
神名などが墨書された庚申(左)と二十三夜の柱(右)


 写真の庚申(こうしん)様掛図の両側に立つ柱は、五所川原市のショッピングモールが見えるバイパス沿い、唐笠柳町会が祀る庚申と二十三夜の石塔の後ろに立てられていたものである。柱の先端に松の枝、その下に山と日月を描いた横板を取り付け、左側の庚申には「猿田彦大神」「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」、右側の二十三夜には「月読命(つくよみのみこと)」の神名などが、柱面に墨書きされている。
 庚申の日の夜は人々が集まり、寝ずに身を慎み時を過ごすという庚申信仰は、全国的によく知られている。庚申の日は年に6回あるのが普通であるが、7回の七庚申、5回の五庚申の年は、七庚申の豊作、五庚申の不作という俗信などもあり、特別な祭事をすることがあった。
津軽地方においては、そのような年にツカなどと呼ぶ標柱を立て庚申を祀っており、特色ある習俗とされる。唐笠柳では現在、毎年柱を取り替え庚申と二十三夜を同日に祀っているそうで、かつての習俗の変化などが推察される。
 本日は二十四節気の立春。この日を新年の始まりとする場合もあるので、あらためて申年にちなみ、申と関わりがあるとされる庚申様の資料を紹介した。
(県立郷土館学芸課長 古川実)
# by aomori-kyodokan | 2016-02-04 09:41 | ふるさとの宝物

ふるさとの宝物 第130回 コクゾウムシ

米粒を餌にする害虫

b0111910_14455912.jpg
コクゾウムシ


 昆虫の中には私たちの生活と密接な関係にある種類も多い。衣類、食品、建材、書籍など、私たちの周りにある物の殆どは何かしらの昆虫等が住み着いている。台所の米びつの中に発生する「コクゾウムシ」もその一つで、貯穀害虫(ちよこくがいちゆう)と呼ばれている。
 コクゾウムシの成虫は体長が3ミリメートル前後で米粒の大きさに比べて小さく、幼虫は更に小さい。成虫の寿命は長く約4ヶ月と言われているが、幼虫は卵から成虫になるに約1ヶ月かかる。幼虫成虫共に米粒で生活しており、成虫の雌は一個体で200卵を米粒一個づつに口吻(こうふん)で穴を開けて一個の卵を順次産卵する。このため、米びつにコクゾウムシが入り込むと、大発生して蓋を開けた私たちを驚かせることになる。近似種で同様の生態をする更に小型のココクゾウムシは国内の系統は殆ど飛ばないが、コクゾウムシは飛ぶことは出来、分布を広めている。近年は台所にシステムキッチンが普及し、コクゾウムシも見かけなくなった。
 米粒大の昆虫は、甲虫の世界では小型の種類に属している。昆虫の大中小の大きさの違いがわかる、企画展「大・中・小~くらしの中のスケールあれこれ~」を開催中で、自身の目でその大きさを確認して見ていただきたい。
(県立郷土館学芸員 山内智)


# by aomori-kyodokan | 2016-01-28 14:50