人気ブログランキング |
ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

青森県が生んだ先人たち~愛用した品々と遺した言葉

津軽の遺産 北のミュージアム 第5回

 青森県立郷土館では、明治時代から現代にかけて、各方面で活躍、優れた業績をのこした青森県ゆかりの人物たちを紹介している。
文学や芸術、医学や科学技術、政治や教育など様々なジャンルで活躍した本県ゆかりの先人達。そうした先人達をより身近に感じることができるような資料を探し、展示している。

 今年生誕百年を迎えた歌手淡谷のり子(青森市出身 1907~1999年)。青森市の裕福な商家に生まれ、恵まれた少女時代を送った。その後、母と妹と上京、苦労しながら本格的な声楽を学ぶ。その歌唱力で将来を期待された逸材だったが、経済的な事情から流行歌の世界へ転向。「別れのブルース」、「雨のブルース」が大ヒット、ブルースの女王と呼ばれた。
戦時中も化粧をして華やかな衣装に身をつつみ歌い続けた。彼女にとって歌うことは生きることであり、闘いであった。慰問に訪れた彼女の歌声を今も記憶に残し、その記録をたどりたいと話す人もいる。しかし、残念なことにまとめられている資料はなく難しい。
青森市が所蔵する淡谷のり子の様々な資料。大量の楽譜やレコード類の他にやはり目をひくのは華やかな衣装やアクセサリの数々。大きくて首を振れば落ちそうなイヤリングや指輪、ビーズがちりばめられた小物入れ、香水の香りがほのかに漂うスカーフやハンカチ。ステージでは衣装にかくれて見えることがほとんどなかったであろうハイヒール。日常でも美しく華やかなものを好んだという。


b0111910_1010372.jpg
郡場寛が愛用したタイプライター



 郡場寛(こおりば かん・青森市出身   1882~1957年)は世界的な植物生態学者。酸ヶ湯温泉の基礎を築いた両親をもち、八甲田の自然に親しむ中で植物へ関心を高めていった。母ふみ(1856~1925年)は、八甲田の山々を歩き、採集した植物を息子に送った。寛は研究を進め、現在の京都大学教授、弘前大学学長などを歴任した。多忙な日々を過ごす寛が常に持ち歩いたとされるタイプライターがある。大切に使われた愛用品である。
学長となってからも学生達とともに八甲田の山々を歩いた。研究者として広い専門分野をもち、学生達に慕われた教育者でもあった。


b0111910_10114259.jpg

野澤如洋が家族らに宛てた葉書




 日本画に独自の世界を築いた野澤如洋(のざわ じょよう・弘前市出身 1865~1937年)が家族らに宛てた葉書がある。
幕末、弘前藩士の家に生まれた如洋は、幼い頃から家族を驚かすほどの絵の才能をみせていた。故郷を離れ、日本画壇の中心地であった京都で各種の展覧会に出品、連続入選を続け、その実力は高く評価された。1907年に発足した文展(文部省美術展覧会)の審査員に推せんされたが、辞退する。中国で水墨画の本質に触れ、さらに欧米諸国を歩き、異国の文化や風土に刺激を受けながら絵を描き続けた。葉書には如洋の日常が描かれている。自身の後ろ姿も描かれ、味わいがあり、作品とはまた違った魅力を放つ。


b0111910_10134055.jpg

版画誌「青森版画」に寄せられた棟方志功の作品と封筒



 世界的版画家棟方志功(青森市出身 1903~1975年)は、中央で活躍するかたわら、地元青森の版画誌「青森版画」などにたびたび作品を寄せた。また表紙のデザインを手がけたりした。
 志功自身が必要な点数を刷り、作品を送ってきた。作品が入れられてきた封筒も志功の手作り。形もその時々で異なっている。それぞれがユニークな、世界でただ一点の志功の手になる封筒なのである。そして、同誌創刊十周年を祝って事務局に寄せられた葉書には、青森県の版画の普及と発展を願って後輩達を励ます言葉がならんでいる。
(青森県立郷土館学芸主査 太田原慶子)

一口メモ 
郡場ふみ現在の弘前市出身。酸ヶ湯温泉の基礎を元弘前藩士の夫白戸直世とともに築く。5人の母。寛は二男。寛の研究を側面から支えた。


この記事は、陸奥新報社の承諾を得て、2007年4月9日付け陸奥新報より転載したものである。
by aomori-kyodokan | 2007-09-20 14:08 | 北のミュージアム
<< 銅版画の先駆者 今純三 年越しの夜に神招く >>