ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

ふるさとの宝物 第48回 大平山元遺跡出土品

縄文草創期の貴重な資料

b0111910_9595076.jpg


 大平山元遺跡は、世界遺産登録をめざしている「北海道・北東北の縄文遺跡群」構成18遺跡のひとつであり、昨年、国史跡に指定された。旧石器時代末期から縄文時代草創期の環境・文化様相を表す最も重要な遺跡である。
 遺跡発見の始まりは、1971年に外ヶ浜町(旧蟹田町)の個人の畑で見つかった一つの石斧である。この資料は、当時の蟹田中学校社会科教諭を通じて当館に寄贈された。石斧は局部磨製石斧と言われ、旧石器時代末期の神子柴・長者久保文化を特徴づける石器である。御子柴・長者久保文化はこのような大型の石斧に、槍(やり)先形尖頭器・彫刻刀形石器・石刃等を伴う一方、土器は存在しない文化と考えられていた。
県内の旧石器時代の遺跡は現在でも10数例と少なく、県内に人々が存在していた起源を探る上でも、この遺跡の重要度は大変高いものであった。
 当館が75・76年にこの遺跡を発掘調査した結果、旧石器時代末期の典型的な石器に、縄文時代の無文土器片32点と石鏃が伴って出土した。旧石器から縄文時代への移行期の遺跡として、土器と縄文時代の始まりを考える上で一石を投じた。その後の町の調査で、土器片は約16,500年前のものと判明し、現在する日本最古の土器として、国内だけでなく世界からも注目された。
この石斧と当館調査資料は、常設展示している。なお、当時の社会科教諭は、その後も埋蔵文化財調査に携わり、現在は三内丸山遺跡応援隊長として活躍中である。
(県立郷土館主任学芸主査 杉野森 淳子)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2014-05-29 09:58 | ふるさとの宝物
<< ふるさとの宝物 第49回  安全行火 「おもちゃ百科図鑑~あそびの今... >>