ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

ふるさとの宝物 第100回 クマ型土製品

カミの姿を重ねる?

b0111910_8523759.jpg
クマ型土製品(弘前市尾上山遺跡、風韻堂コレクション、小川忠博氏撮影)


 新聞で「クマ目撃」情報を連日目にする。縄文人はどれだけクマに遭遇していたのだろうか。写真は縄文時代晩期(約三千~二千二百年前)の資料である。
 両耳と足先、尻尾は欠損しているが、全長14センチ、高さ・幅8.3センチのずんぐりとした体型は、いかにもクマらしい。大きく開いた口の上下には、鋭い牙も表現されている。胴体には土器と同じ縄目模様と棒で描かれた文様があり、ふさふさとした毛なみのようにもみえる。胸には「ツキノワグマ」の特徴である三日月模様の表現もある。
 クマやイノシシを象った動物形土製品は縄文時代後・晩期の東日本に多く分布する。東北北部から北海道の地域では、特にクマが目立ち、クマの顔や足跡が描かれた土器や石器も出土している。その一方で、出土した動物骨では、イノシシやシカと比べてクマは極めて少ない。この時代、クマに対する特別な信仰があった様子が窺える。縄文人はクマにカミの姿を重ね、大地の恵みに対する畏敬と感謝の気持ちを伝え、狩りの安全を願っていたのかもしれない。
(青森県立郷土館 主任学芸主査 杉野森淳子)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2015-06-25 08:54 | ふるさとの宝物
<< ふるさとの宝物 第101回 ニ... ふるさとの宝物 第99回 絵銭 >>