ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

写真で見るあおもりあのとき 第134回 明治時代の堤川河口 家々の前に「コミセ」

b0111910_937491.jpg

堤川にかかる石森橋(明治時代)。右が下流方向


b0111910_9373777.jpg
青森市堤川河口(明治時代)





 写真上は青森市を流れる堤川の一番下流に架けられた石森橋です。堤川の右岸のかなり高い位置から撮影されており、位置関係を考慮すると柳原遊郭の富士見楼4階から撮影されたものです。撮影された年代は、おそらく明治時代の中頃と考えられます。
 橋に続く通りは浜町通りで、道路の両側には側溝があり、コミセと呼ばれる一種のアーケードが設けられています。屋根は柾(まさ)屋根に石を載せた石置き屋根で、川に面した家の壁は杉皮が使われています。
 写真下は石森橋の下流を撮影したものです。左端の建物は恵比寿神社(現・事代主=ことしろぬし=神社)で、よく見るとその向こうにも水路があり、多くの船が係留されています。この部分は、中州になっており、手前の本流部分には主に運搬船が使用し、奥の水路は漁港として用いられました。
当時青森湾はイワシ漁の盛んな地域で、青森の海岸は地引き網の好漁場となっていました。左岸にはその網の干場が連なっています。また、画面上には少し不鮮明で分かりづらいのですが、やや大型の弁才船が引き上げられています。これは、日本海の海運に活躍した北前船と考えられます。
 この写真は複写の画像データのみが伝えられているもので、撮影者や所有者等のデータが不明ですが、明治時代の青森を知る上で貴重な資料としてあえて紹介します。この写真について、ご存じの方がおられましたらご一報下さるようお願いいたします
(県立郷土館 昆 政明)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2013-03-21 08:00 | 写真で見るあおもりあのとき
<< 青森県立郷土館ニュース 第13... 写真で見るあおもりあのとき ... >>