人気ブログランキング |
ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

「甲冑を着て写真をとろう!」の模様(新青森連携展併催ワークショップ)

b0111910_10572945.jpg
b0111910_1058473.jpg

 去る7月24日(日)、JR新青森駅 旬味館1階あずまし広場で、当館の特別展『刀剣魂』に関連し、ワークショップ「甲冑を着て写真をとろう!」を実施しました。このワークショップで、甲冑に身を包んだ子どもたちは、うれしそうな表情をみせながら、家族と記念撮影をしていました。みなさん、ご参加ありがとうございました。
# by aomori-kyodokan | 2016-07-28 11:01 | ニュース

特別展『刀剣魂』のPR活動の模様


 本日7月15日(金)から、当館では特別展『刀剣魂』が開幕しました。

 特別展の開始に先立ち、青森市沖館埠頭のクルーズ客船 ダイヤモンドプリンセス号前でPR活動を行いました。この活動には、青森大学忍者部と当館職員が、忍者と鎧武者の扮装をしながら、特別展のチラシや郷土館の場所を案内する英語の地図などを配布し、旅行客の目を楽しませました。

 この特別展では、青森県にある様々な刀剣を展示するとともに、上古以来の刀剣の歴史、民俗への影響、現代に残る刀剣にまつわる文化等についてもご紹介します。

 みなさま、どうぞおいでください。



特別展『刀剣魂』

会期 平成28年7月15日(金)から同8月28日(日)まで

会場 青森県立郷土館特別展示室(大ホール)

開館時間 午前9時から午後6時まで

観覧料金 一般500円  高校・大学生240円 
      (いずれも個人の場合)

詳細はこちらでご確認ください。http://www.kyodokan.com/event/

# by aomori-kyodokan | 2016-07-15 14:50 | 企画展・特別展

ふるさとの宝物 第136回 郡場寛のバイオリン

和洋幅広く音楽に親しむ

b0111910_9595940.jpg
郡場寛が愛用したバイオリン


 郡場寛は、青森市出身の植物学者である。東京帝国大学大学院でネジバナの花序(花の付き方)に関する論文により、理学博士となった。
 その後、郡場寛は、札幌にあった東北帝国大学農科大学(現北海道大学)、京都帝国大学の教壇に立った。その間、欧米留学や世界各地での調査を行い、様々な学術会議の委員を務めた。1942(昭和17)年に京都大学理学部長を退職し、陸軍司政長官としてシンガポールの植物園長に赴任。植物園では日本軍捕虜となったイギリス人の元園長らと協力して研究を続けた。戦後、彼は54(同29)年から弘前大学学長を勤め、在任中の57(同32)年に生涯を終えた。
 生前の彼は、スキーや音楽など、非常に多くの趣味を持っていたことが知られている。当館所蔵の遺品のなかには、バイオリンのほか、膨大な数のレコード、横笛、尺八などが含まれ、音楽については和洋幅広く親しんでいたことがうかがわれる。
 現在、県立郷土館で開催されている新収蔵展では、郡場寛の使用したバイオリンのほか、いくつかの遺品を紹介している。
(県立郷土館主任学芸主査 佐藤良宣) 
# by aomori-kyodokan | 2016-03-10 09:58 | ふるさとの宝物