ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

企画展「昭和家電パラダイス」で上映予定のビデオ「本町二丁目の夕日」製作中

 特別展「刀剣魂」に続き、11月18日(金)から開催の企画展「昭和家電パラダイス」でも、当館職員が製作したビデオを、エントランスホールの休憩コーナーで上映します。題名は「本町二丁目の夕日」。前回同様、当館職員が自ら出演しております。どうぞ、ご期待ください。

b0111910_09512474.jpg
b0111910_09513271.jpg

ビデオ製作の様子


[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-10-27 09:52 | 企画展・特別展 | Comments(0)

ふるさとの宝物 第169回 触れる土器

b0111910_08415599.jpg


 博物館に土器が並んでいるのを見て、触ってみたいと思う人は多いだろう。
 郷土館にはこの夢がかなう展示がある。破片ではあるが、自由に土器に触れる。縄文時代は1万年以上続き、土器も様々に変化した。その変化がわかるように時期ごとに区切って展示してある。「どうやってこの文様をつけたのだろう」、「何千年も前にこんなに薄くつくることができたのか」、様々な思いが心に浮かぶに違いない。…

※ 続きは「あおもり見る知る掲示板」でご覧下さい。
※ 当分の間、以下のURLでご覧になれます。   
      URL: https://www.kyodokan.com/bbs_list/9

新たな記事の掲載により、リンク切れが生ずる場合があります。その際はお手数でも掲示板内をお探し下さいますようお願いします。


[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-10-27 08:43 | ふるさとの宝物 | Comments(0)

ふるさとの宝物 第168回 パレオパラドキシア

b0111910_08384094.jpg

 2006年4月、深浦町で奇妙な形の化石が発見され、当館に持ち込まれた。研究の結果、絶滅した哺乳類パレオパラドキシアの左寛骨化石であることがわかり、県内初のパレオパラドキシア化石発見となった。寛骨は、骨盤を構成する骨の一部で、腸骨・坐骨・恥骨からできており、中央部の丸いくぼみに大腿骨が連結して股関節を形成する。…

※ 続きは、「あおもり見る知る掲示板」でご覧下さい。
※ 当分の間、以下のURLでご覧になれます。

新たな記事の掲載により、リンク切れが生ずる場合があります。その際はお手数でも掲示板内をお探し下さいますようお願いします。


[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-10-20 08:35 | ふるさとの宝物 | Comments(0)

ふるさとの宝物 第167回 枡(ます)

b0111910_08292098.jpg
 収穫した穀物類の計量には枡が使われた。写真の枡は五戸地方で使用されたもので、昭和47年に寄贈された。側板に三升入と刻まれていて、枡に実を入れ、口の上端に斜めに渡した棒を基準にして平らに均すと、ちょうど三升分ということである。…

※ 続きは「あおもり見る知る掲示板」でご覧下さい。
※ 当分の間、以下のURLでご覧になれます。

新たな記事の掲載により、リンク切れが生ずる場合があります。その際はお手数でも掲示板内をお探し下さいますようお願いします。



[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-10-13 08:27 | ふるさとの宝物 | Comments(0)

ふるさとの宝物 第166回 ウトウ

b0111910_13374738.jpg

 ウトウは,チドリ目ウミスズメ科に属する海鳥の一種である.

 体長は約38センチメートルと中型の海鳥で,夏期繁殖期には顔に2条の白色の飾毛が伸び,くちばしの付け根に三角型の突起が、特徴的に見られる.この突起の役割は定かで無いが,南部地方では小魚を捕獲するときの標準器と思われていて,このことから「ケントカモ」と方言で呼ばれている.津軽では鼻の特異的な形態から「ハナドリ」と方言で言われている.………


※ 続きはこちらからご覧下さい。

※ 「あおもり見る知る掲示板」への新しい投稿により、リンク切れが生ずる場合もありますが、その際はお手数ですが、掲示板内をお探し下さい。


[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-10-06 13:37 | ふるさとの宝物 | Comments(0)