ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

妖怪展展示解説 第3回 「自然の怪異-予言する人魚-」

b0111910_11401776.jpg
↑「石崎村でとれた異形の魚」(弘前市立弘前図書館蔵『三橋日記』)

 人魚といえば我々は、下半身が魚体である美しい女性を想像します。しかし古い日本の人魚は女性とは限らず、ときに頭以外は全身ウロコの奇妙な姿をしていると考えられました。その肉を食べれば不老不死となるとも、その絵を見れば病が治るともいわれました。

 青森県は古代から人魚が現れた地域です。「吾妻鏡」や「本朝年代記」には、宝治元年(1247)津軽の海に、四足の人魚(または大魚)が流れ着き、戦乱になるきざしだと記しています。時代が下って宝暦9年(1759)には、平舘村石崎で漁師の網に、二つの角と髪を生やした人の頭をもち、胸に袈裟をつけた、薄黒い「異形の魚」がかかったそうです。その姿は同年、加賀国で出現し、約12メートルの巨体で火炎を吐いて千軒を焼き尽くし、ついには猟銃で仕留められた化け物に似ています(「姫国山海録」)。

 これらは文政2年(1819)に九州備前国の浜に出現して、豊年や疫病を予言した竜宮の使者「神社姫」にも似ており、ときにアマビコという名で各地に出現した、天災を予言する化け物の仲間だと思われます。

b0111910_1140448.jpg
↑「人魚のミイラ」(八戸市博物館蔵)

 その一方で人魚のミイラも登場しました。近世初頭には、河童や竜などの伝説上の獣が、信仰の対象として作成されて神社に奉納されたものもありましたが、幕末になると本草学の研究のなかで、それらを実在する可能性のある生物の標本として扱うことがあり、当展示では八戸南部家が所蔵していた人魚のミイラを公開しております。

 同様のミイラ資料のなかには、幕末に欧米人向けの土産として売られ、現在、海外の博物館に眠っているものも少なくないようです。自然界の現象を解明しようとした、当時の人々の学究を知るうえで貴重な資料といえるでしょう。(学芸主査小山隆秀)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2009-09-25 11:45 | 妖怪 | Comments(0)

妖怪展展示解説 第2回 「異形の神仏-鬼神・水虎様-」

b0111910_10204490.jpg
↑「大江山酒呑童子絵巻」 国立歴史民俗博物館蔵

 日本民俗学の祖-柳田國男は、妖怪は信仰を失った古い神々が落ちぶれたものではないかと考えました。確かに神仏のなかには、柔和な存在ばかりではなく、ときに怒り、恐ろしい魔力を発揮する異形の神仏たちがいます。例えば鬼です。

 平安時代の鬼は、魔と神の両面を持つ存在と信じられていましたが、長い歴史のなかで酒呑童子や土地の神としての鬼、地獄の鬼など、様々な鬼が生まれました。

 青森県内でも七戸町千曳神社や佐井村箭根森(やのねもり)八幡宮の鬼退治伝説、鰺ヶ沢町大然の鬼田、十和田や西の嶽(八甲田山)の鬼女など、たくさんの鬼伝説があります。なかでも岩木山麓では、古代に退治された鬼の伝説や、鬼神(おにがみ)様の信仰が受け継がれてきました。

 「妖怪展」では百沢寺(ひゃくたくじ-岩木山神社の前身)を百沢の地へ導いてきた太田家が退治したといわれる、鬼のアゴ(またはヘソ)を封じ込めた箱を公開しております。代々、御神体として同家で祀ってきたもので、江戸時代の旅行家菅江真澄(すがえますみ)も記録しています。

 ふたを開けると神罰が下るそうですが、明治初期に津軽藩主家の希望で開けたところ、実際に「ヘソの干し物」が入っていたといいます。

 水虎(すいこ)様は、西北津軽地方の新田地帯で崇拝を集めてきた水神です。青森県内では近世から、川や沼で人の命をとる河童やメドチが出没していた記録がありますが、明治期につがる市の実相寺が水神を、水難事故から子供らを守ってくれる水虎大明神として祀ったもので、周辺にもその信仰が広がりました。同市亀ヶ岡集落では近年まで毎年、人を水難に誘う水神様(またはスイコ様)を鎮めるため、人形や供物を乗せた小舟を流して神に捧げる「舟流し」という行事を行っていました(櫻庭俊美氏の調査による)。
b0111910_10211229.jpg
↑「水虎大明神像」 実相寺蔵

  (当館学芸主査 小山隆秀)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2009-09-23 10:27 | 妖怪 | Comments(0)

「妖怪展」、「まるごと青森」で紹介される!!

 現在開催中の「妖怪展」を、青森県内のブログ界ではアクセス数NO.1と噂される?「まるごと青森」さんでご紹介いただきました。ありがとうございました。これで、鬼に金棒。

 「広報のプロ」の力をまざまざと見せていただきました。妖怪展の見所が満載で、まさしく「まるごと妖怪展」でした。見習わなくっちゃ!
b0111910_23405733.jpg

[PR]
by aomori-kyodokan | 2009-09-21 23:21 | 妖怪 | Comments(0)

妖怪展展示解説 第1回 「妖怪の世界-百鬼夜行から妖怪図鑑へ-」

 
b0111910_15143894.jpg
↑「百鬼夜行」東北大学附属図書館蔵

 古代には、怪異現象や化け物が出現すると、それがどのような危険を知らせているのか、王権が判断し、儀礼や祈願をして鎮める習わしがありました。当時の公家の日記には、夜な夜な平安京の大路を、姿のない「もののけ」と呼ばれる化け物たちが歩いていたことが記されています。彼らは室町期の百鬼夜行絵巻のなかで姿を与えられましたが、それは鬼や獣、古い道具が化けた「つくも神」たちの集団でした。

 社会や政治が不安定になると怪異は増えました。各地でさまざまな人々が、不可思議な現象や化け物を記録するようになります。江戸時代になると、怪異の情報は江戸へと集められて、名前をつけて分類し、妖怪たちは「化物」(ばけもの)として図鑑化されます。

 その一方で近世後期の江戸は、妖怪が属する自然界よりも、お金の論理が強い社会となっていたために、妖怪たちは現実の恐怖ではなく、架空のキャラクター商品として、庶民や子ども向けの刷り物で使われるようになります。

 玩具(おもちゃ絵)といって、かるたやシールのように切り離して遊ぶ刷り絵も登場しました。まるで現代の子ども達が夢中になる、カードゲームの玩具のようです。 

 今回の「妖怪展」は妖怪資料だけではなく、恐ろしい妖怪たちを生み出す背景となった、異形の神仏、自然界の怪異、生と死の不可思議さといった、かつて人々が恐れ、不安をいただいてきた未知の世界や存在についても紹介します。(学芸主査 小山隆秀)

b0111910_15145868.jpg
  ↑「津軽に出現した化け物」 東北大学附属図書館蔵『姫國山海録』


[PR]
by aomori-kyodokan | 2009-09-18 15:19 | 妖怪 | Comments(0)

青森県立郷土館妖怪展関連資料「百鬼夜行」

b0111910_10205783.jpg
↑百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)の部分

近世 東北大学附属図書館狩野文庫蔵 写本 絵巻 彩色図 

 百鬼夜行とは、深夜、京の大路を徘徊する、異様な姿の様々なもののけ、化け物の集団と考えられて、12世紀の仏教説話「今昔物語」や公家の日記にも登場します。仏教や陰陽道の影響で生まれた存在と考えられ、もともとは姿かたちのない存在、または鬼の姿として認識されていましたが、室町時代から「百鬼夜行絵巻」のなかで、道具や動物たちが変化した「付喪(つくも)神」や化け物たちとして図像化されるようになり、16世紀以降、各地に写本が流布しました。これらの百鬼夜行図に登場する化け物たちは、未だに個別の名前を与えられておらず、器物や動物、人間の変化(へんげ)、鬼などが混然一体となった集団として表現されていることがわかります。

 百鬼夜行図のルーツや成立の背景については、近年、本格的な研究が始まったばかりであり、平安時代から鎌倉時代に描かれた「鳥獣人物戯画」や、室町時代から江戸時代にかけての「お伽草子」の絵画表現にも影響を受けたことが推測されています。「百鬼夜行絵巻」の源流を探るうえで、比較研究の規準として多用されてきたのが、室町時代に描かれた「百鬼夜行絵巻」(伝土佐光信画、京都大徳寺真珠庵蔵)ですが、本資料はそれとも少し異なる表現が見受けられます。

 全体のパノラマは、こちらからご覧になれます。もちろん、会場には実物を展示していますので、ご来場の上、とくとご覧下さい。

 また、ネット公開されている「百鬼夜行絵巻(百鬼ノ圖)」(国際日本文化研究センター所蔵)と比較してみると、それぞれの違いがわかって面白い。


↑登場する各妖怪を個々にに分解し、スライドショーにしてみました。それぞれの特徴がよくつかめます。こんなにもたくさんの個性的な妖怪が描かれていたのかと、驚かされます。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2009-09-06 10:21 | 妖怪 | Comments(0)

青森県立郷土館妖怪展関連資料「稲生物怪録」(説明文入版)



「稲生物怪録」を説明文入りで再編集してみました。こちらの方が見やすいと思います。

 以下に、関連論考を掲載しますので、理解の参考にしてください。

-----------------------------------------------------------------
異界探求と津軽の国学
 〜平尾魯仙筆「稲生(いのう)物怪録(もののけろく)」とその周辺

         本田 伸(青森県立郷土館)


○平田篤胤と津軽の国学
 天保14年(1843)閏9月、国学の巨人平田(ひらた)篤胤(あつたね)は郷里の秋田で死去した。養子の銕胤(かねたね)は江戸の私塾「気吹舎(いぶきのや)」(伊吹乃屋(いぶきのや))を引き継ぎ、平田派国学の流布に努めた。経営の才に優れた銕胤のもと、塾勢は拡大した。平田家の「門人帳」によれば、入門者は明治9年(1876)までに4419人を数え、その居住地は全国各地に及んでいる。青森県の関係では、安政四年(1857)2月に入門した鶴舎(つるや)有節(ありよ)の例が最も早い。有節はそれ以前から平田家と接触していたようで、安政3年の平田家「金銭出入覚」(国立歴史民俗博物館蔵平田文書)にも名前が見えている。

 鶴舎(鶴屋)有節は本名を武田乙吉という。向学心が強く、若い頃から俳諧・書法・漢籍を学んだ。五十路目前に平田門を叩き、親友の平尾魯仙(魯僊)と語らって国学の研究サロンを開いた。江戸の下沢(しもざわ)保躬(やすみ)に「師ハ誠にえらふへきもの」と書き送ったように、平田家への中元や歳暮を欠かさず、書籍代金は常に多めに前渡しする熱心な門人となった。

 有節らはいわゆる没後(ぼつご)門人(もんじん)で、生前の篤胤とは面会していなかった。万延元年(1860)11月と推定される銕胤書簡には「先人肖像の儀、厚く御悦下され満足いたし候」とあり、平田家が求めに応じて篤胤の肖像画を描かせ、有節らがそれを喜んだ様が見てとれる。有節らは、平田家を通じて全国の情勢を知った。ペリーの再来も、コレラの流行も、銕胤からの情報として津軽にもたらされた。

○「稲生物怪録」と平田篤胤
 当館所蔵の八木橋氏旧蔵文書の中に銕胤から有節に宛てた書簡が数多く見受けられ、有節が多くの篤胤著書を平田家に発注していた事実が明らかになっている。津軽の国学者の多くは江戸に出ることなく、平田家から送られてくる書籍によって学問に励んだのであり、一種の通信教育が行われていた。平田家は有節らに篤胤著書の価付((あたいづけ )価格表)を示し、注文に応じて写本を作る態勢を取った。その中に「稲生物怪録」の書名がある。

 「稲生物怪録」は、備後国三次(みよし)藩士の稲生(いのう)武太夫(幼名平太郎)が語った妖怪体験を、柏正甫が筆記したものである。それによれば、寛延2年(1749)7月、肝試しによって妖怪の怒りを買った平太郎は、30日の間、妖怪から様々な嫌がらせを受ける。しかし、次々に現れる化け物を退けたことで魔王の一人山ン本(さんもと)五郎左衛門からその勇気を称えられる、という筋立てである。正甫の筆記録は天明3年(1783)に完成したが、人目に触れる機会はなかった。これを寛政11年(1799)、●々斎竹能なる人物が許されて筆写し、以後、多くの写本のベースとなった。

 現世と幽界・冥界の関係を探求し続けた篤胤にとって、「稲生物怪録」の世界は魅力的に映ったに違いない。文化3年(1806)に伝手(つて)を頼って写本を入手したが、文字の間違いなどが多かったため、同八年、大野均和に命じて新たな写本を作らせた。文政3年(1820)には、友人の屋代(やしろ)弘賢(ひろかた)から絵入りの「稲生平太郎物語」を借り受けている。

 篤胤の死後、養子の銕胤は事件の舞台である三次に弟子を派遣し調査に当たらせた。銕胤は篤胤が遺した稿本をベースに、新たな研究成果を加えた決定版を出版する計画を立てていたようで、安政6年(1859)12月には、上木用の原稿を版元に預けた。ただし、実際に板木になったかは不明である。

○「稲生物怪録」と平尾魯仙
 今回展示するのは、東北大学付属図書館狩野文庫本と、弘前市立博物館本の2点である。狩野文庫本は、初の絵入り本とされる「稲生平太郎物語」の系統に属するものである。

 一方、弘前市立博物館本は、有節の国学研究サロンのメンバーでもある今村(いまむら)真種(みたね)(今村要太郎)が平尾魯仙に挿絵を依頼し、1冊に仕立てたものである。巻末にある真種の述懐によれば、安政6年、真種は銕胤から「稲生物怪録」を入手したが、同書には文章だけで挿絵がなかった。そこで明治3年(1870)9月、「原書の意を採りて其形状を画かきてよ」と魯仙に依頼し、その後、真種が文章を書き入れるなどして、明治18年11月に完成を見たのである。

 弘前市立博物館本は、「稲生平太郎物語」とくらべて、全体の構成や挿絵の構図が明らかに異なる。また、挿絵に数行のキャプションを入れるのは、魯仙作品によくあるやり方である。魯仙はおそらく「稲生平太郎物語」を見ていない。しかし、奇譚・怪異譚の収集や珍品・奇品の書写に余念がなかった魯仙にとって、文章から想像して挿絵に仕立てていく作業がさほど困難であったとは思えない。また、巷では鳥山石燕や葛飾北斎らによる妖怪画や錦絵の類が出回っており、そこから妖怪のイメージについてヒントを得た可能性もあり得よう。いずれにせよ、弘前市立博物館本は、これまでにない新タイプの「稲生物怪録」と位置づけて良いのではなかろうか。

 該博な知識を称えられた魯仙には多くの著作があるが、なかでも、幽界探求の書として知られるのが、「幽府新論」である。慶応3年(1767)正月、魯仙は同書の刊行を企図し、草稿を平田家に送って論評を求めた。同年9月、銕胤(かねたね)の子延胤(のぶたね)は魯仙に書簡を送り、「興味深い書である」と感想を述べた上で「日食・月食は凶事があるという天の戒めと言われるが、そうではないので、この部分は再考した方がいい」とアドバイスしている。その後、延胤が急逝したこともあり、「幽府新論」の出版は沙汰止みとなった。魯仙は草稿の返却を求めて平田家に書簡を送ったが果たせず、魯仙の死とともに、草稿は宙に浮いた形となった。弘前市立弘前図書館蔵の自筆本「幽府新論」は、全8巻のうち巻一から巻四までを欠いているが、近年の調査で、巻一・巻二については、平田門下である井上頼圀の旧蔵書を収める無窮会神習文庫の所蔵となっていることが確認された。しかし、巻三・巻四についてはなお所在不明である。

○参考論文・文献
森山泰太郎「平尾魯僊」(弘前市立図書館『兼松石居・平尾魯僊・秋田雨雀』 1971)
谷川健一編『稲生物怪録絵巻—江戸妖怪図録』(小学館 1994)
沼田哲「鶴屋有節宛平田銕胤書簡四通をめぐって」(『弘前大学國史研究』100 弘前大学国史研究会 1996)
荒俣宏・米田勝安『よみがえるカリスマ 平田篤胤』(論創社 2000)
荒俣宏『平田篤胤が解く稲生物怪録』(角川書店 2003)
『青森県史資料編 近世 学芸関係』(青森県 2003)
『明治維新と平田国学』(国立歴史民俗博物館 2004)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2009-09-04 15:18 | 妖怪 | Comments(1)