ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

銅版画の先駆者 今純三

津軽の遺産 北のミュージアム 第7回
b0111910_1575590.jpg
「自画像」(1932年〈昭和7年〉 石版画=当館蔵)


 青森にもようやく、新緑の頃がやって来る。冬期間の閉鎖的な生活を強いられて来た我々の関心は、一挙に海へ山へと屋外へとむけられるようになる。県外からも本県の自然を求めて多くの観光客が訪れるが、観光スポットの中でも、人気の高い所として八甲田・奥入瀬・十和田湖がある。この八甲田・奥入瀬・十和田の風景美は、昔から多くの芸術家たちの心を魅了し、優れた作品を生み出してきたが、その中に今純三がいる。
 今純三は、明治26年に弘前市の百石町に生まれた。津軽藩の御典医の家系であった今家は純三が高等小学校を卒業したのを機に、純三を医者にすべく、彼の勉学の為に一家で東京に移り住む。しかし大正12年の関東大震災に遭い家屋を失った今一家は、混乱の東京から純三を再び青森県に送り返すこととなった。この時、純三は30歳、医師ではなく国の主催する文展(文部省美術展覧会)、帝展(帝國美術院美術展覧会)に入選した実績を持つ新進気鋭の洋画家となっていた。
 純三が本県の美術界に及ぼした影響は非常に大きく、彼を抜きには今日にいたるまでの本県の美術の流れは考えられない程である。中でも、明治期に日本に導入された銅版画に、帰省後、青森市の造道にアトリエを構えてから、本格的にとりくみ、研究し、作品を次々に制作した純三は、本県というよりむしろ、日本の銅版画史に先駆的役割を果たした画家と言えるのである。

b0111910_1594170.jpg

奥入瀬渓流「阿修羅の流れ」(1935年〈昭和10年〉・銅版画・手彩色)=当館蔵


 純三が多数てがけた銅版画の作品の中に、ひと続きのまとまりのある作品群がいくつかある。例をあげると、1933年(昭和8年)から1934年(昭和9年)にかけて制作した計100点の「青森県画譜」、1935年(昭和10年)から純三がなくなる1944年(昭和19年)までの間に制作した計108点の「小品集」、1939年(昭和14年)から1944年(昭和19年)まで続けた雑誌「月刊東奥」の表紙画、昭和9年前後に制作した「奥入瀬渓流シリーズ」等がそれである。

b0111910_15254848.jpg

八甲田・奥入瀬・十和田湖の屏風完成予想図・六曲一双・右隻=当館蔵


 最後に挙げた「奥入瀬渓流シリーズ」は計9点からなる作品とされているのであるが、実は郷土館所蔵の今純三の作品群の中に、その完成予想図が残されている。
完成予想図は、実物の十分の一に縮小されて描かれた正確なもので、これによれば、もともとこの連作は奥入瀬、十和田湖、八甲田山をテーマにした48点の雄大な構想であり、最終的に、一扇に24㎝×34㎝の大きさのエッチングの作品を4点ずつ配する六曲一双の屏風仕立てであったことがわかる。さらに48場面の内容をみると、1~10番までが八甲田山、11~25番までが奥入瀬渓流、26~48場面までが十和田湖と3つに大別できる。この設定は、十和田湖へ入る東西南北の4つのコースのうちの、北からのコース、通称十和田北線と呼ばれる「八甲田-奥入瀬-十和田湖」のコースである。このコースは「山岳美、渓流美、湖水美」の3つを満喫できる為、「十和田ゴールドライン」とも呼ばれているものである。
 では、なぜ純三はここまで詳細な完成予想図を残していながら、9点の作品を制作した段階で中断してしまったのであろうか。その原因は、作品が銅版画の技法によるものであることが一番大きいと思われる。純三が考えた作品の1点は24㎝×34㎝の大きさで、エッチングとしてはかなり大型の部類に入る。銅版画は金属の表面を針のようなもので引っ掻いたり、薬品で処理して窪ませた細い溝にインクを詰め込み、プレスをかけてそのインクを写し取る版画の一技法であるが、その作業は大変な緊張感を伴い、根気と体力を要するものである。まして大型の銅版画の制作となると、なおさらである。この過酷ともいえる作業に純三の体は耐えきれずに病を得、ついには生死の境をさまようまでの状況となってしまったのである。
  純三がのこした奥入瀬の作品9点は、昭和初期の奥入瀬の神秘的で重厚な自然の魅力を余すことなく伝えてくれる傑作であるが、そのかげには自分の生死を顧みないほどの、すさまじい純三の仕事ぶりが隠されている。それはおだやかで優しい性格であったと言われる純三に秘められた、修羅の怒りにも似た激しい一面であり、芸術に対する純三の真摯な姿勢のあらわれであったのであろう。


(青森県立郷土館 学芸主幹 對馬恵美子)

○一口メモ
「青森県画譜
 純三の次兄は考現学を提唱した今和次郎である。兄の考現学採集に協力した純三は、次第に自らの作品にも考現学視点を取り入れるようになる。その代表作が「青森県画譜」で、昭和初期の本県の人々の暮らしがユニークな視点でとらえられ、美術としてだけではなく歴史的・民俗的にもすぐれた資料となっている。

※ この記事は、陸奥新報社より承認を受け、2007年4月23日付け陸奥新報から転載したものである。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2007-10-29 13:34 | 北のミュージアム