ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

カテゴリ:企画展・特別展( 25 )

『刀剣魂』特集 4 土曜セミナー 『刀剣魂』関連特別連続講座

b0111910_1191063.jpg
(写真は、昨年11月開催の刀剣の取り扱い講習会)


 特別展『刀剣魂』開催まであと4日です。
 当館では、毎週土曜日、郷土の歴史・文化・自然などを、みなさんにわかりやすくご説明する土曜セミナーを開催しております。特別展『刀剣魂』開催に合わせ、会期中には日本刀に関連する連続講座を行います。どうぞ、お越しください。


7月16日 刀剣の手入れ(実演) 
 講師:前青森県古式鉄砲刀剣類登録審査委員 美濃又治次 氏
    青森県古式鉄砲刀剣登録審査委員 杉本 孝 氏
7月23日 武士とおしゃれと日本刀
 講師:音喜多 勝氏
7月30日 文化庁より譲与を受けた展示中の赤羽刀(接収刀剣)について
 講師:前青森県古式鉄砲刀剣登録審査委員 美濃又治次 氏
8月6日 刀の歴史について~平安時代から現代まで~
 講師:青森県古式鉄砲刀剣登録審査委員 杉本 孝 氏
(8月13日は休止させていただきます)
8月20日 刀剣魂アレコレ
 講師:当館職員  太田原 慶子
8月27日 青森の達人 抜刀演武-刀のリアル-
 講師:弘前藩伝林崎夢想流居合  外崎 源人 氏

会場は、いずれも青森県立郷土館小ホール
時間は、いずれも午後1時30分から午後3時まで
[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-07-11 08:30 | 企画展・特別展 | Comments(0)

『刀剣魂』特集 3 土曜セミナー「青森の達人」抜刀演武

b0111910_10575951.png
 
 
 特別展『刀剣魂』開幕まであと5日です。
 特別展開催期間中、いくつかの関連行事を開催する予定です。
 そのひとつに、土曜セミナー特別講座「青森の達人」があります。
 この特別講座は、青森県内在住の各分野の達人をお招きし、その技を実演していただくものですが、8月27日(土)には、抜刀演武ご覧いただく予定です。みなさん、どうぞお越しください。

日時:平成28年8月27日(土)午後1時30分から午後3時まで
場所:青森県立郷土館小ホール
※ 参加手続きは不要。お気軽にお越しください。

 なお、特別講座「青森の達人」は、11月5日(土)にも開催致します。

b0111910_10584720.jpg

[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-07-10 08:30 | 企画展・特別展 | Comments(0)

『刀剣魂』特集 2 刀の撮影

b0111910_10523610.jpg


 特別展『刀剣魂』開催まであと6日です。

 日本刀をスマートフォンなどで撮影したことのある刀剣ファンの方は少なくないかと思いますが、刀をきれいに撮影するのは案外難しいものです。よく研がれた刀は美しいものではありますが、その鏡のような表面に、光源や撮影者本人の姿の映り込みを防ぐのは容易ではありません。
 この特別展の図録作成にあたり、プロのカメラマンに日本刀の撮影を依頼しましたが、撮影にはかなりの工夫が必要でした。白いボードで周りの撮影機材などの映り込みを防いだり、被写体である刀とライトの間に幕を入れ、光を和らげたりするなど、大変な苦労がうかがえます。その甲斐あって、図録ではきれいな写真で刀の姿を収録することができました。こちらもご覧いただければ幸いです。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-07-09 08:38 | 企画展・特別展 | Comments(0)

『刀剣魂』特集 1 刀の点検

b0111910_1050057.jpg


 いよいよ、特別展「刀剣魂」まで1週間となりました。
 本日から、7日連続で特別展に関わる話題をみなさまにご紹介します。
 これに向けて、当館では昨年度から準備を進めてまいりました。
 写真は、この春におこなわれた刀剣の点検です。学芸課のメンバーが集まり、当館所蔵の日本刀の確認を行いました。
 特別展『刀剣魂』をどうぞお楽しみに。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-07-08 09:10 | 企画展・特別展 | Comments(0)

発酵のプロによる講演・実演会について

 お陰様を持ちまして、本特別展の講演・実演会はすべて終了いたしました。
 毎回、多くの方にご覧頂きましてありがとうございました。
 


 青森県立郷土館では、私たちが日ごろ口にしている発酵食品を紹介する特別展『発酵食品パワー~ミクロのシェフとあおもり食文化~』を開催します。
 これに関連し、様々な種類の発酵食品製造に熟練した「発酵のプロ」をお招きし、講演や実演などを下記の日程で行います。なお、参加料は無料、事前のお申し込みは不要です。ふるってご参加ください。



9月 6日 (土) 13:30~15:00 花田 一雄 上北農産加工農業協同組合 
                                商品開発部部長
          「しょうゆのふしぎ」~限定50! 健骨醤油がもらえる講演会~

9月13日 (土) 13:30~15:00 工藤 茂雄 太子食品工業株式会社
                                代表取締役社長
          「納豆は薬だ!-これを食べないともったいない-」
          ~甘酒が飲めるかも~

9月20日 (土) 13:30~15:00 佐藤  企 鳩正宗株式会社 杜氏
          「國酒を造る~鳩正宗の酒造り~」

9月27日 (土) 13:30~15:00 成田トモ子 JAつがる弘前岩木支部
                                女性部監事
           「ほっけスシの漬け方」
           ~スシと杏のウメ漬けの試食ができる実演会~

10月 4日 (土) 13:30~15:00 佐藤 弘之 味の素株式会社
                        バイオ・ファイン研究所元主席研究員
           「アミノ酸発酵の応用」
           ~味の素が明かすうまみの原点~

 ※ 場所はいずれも当館小ホール
[PR]
by aomori-kyodokan | 2014-08-26 13:29 | 企画展・特別展 | Comments(0)

開催中 企画展 「おもちゃ百科図鑑-あそびの今昔-」

おかげさまをもちまして、この企画展は好評のうちに終了致しました。ありがとうございました。

b0111910_1438628.jpg


八戸市在住の玩具収集家 安田勝寿氏所蔵の資料を中心に、歴代のおもちゃを数多く展示し、おもちゃの歴史的なあゆみやあそびの変遷をたどり、当時の思い出をよみがえらせます。

◆安田勝寿コレクションを中心に、おもちゃの歩みとあそびの世界の変遷をたどります。
【日時】4月25日(金)~6月11日(水) ※会期中は休館しません
【時間】午前9時~午後6時 ※入場は午後5時30分まで
【場所】当館1階特別展示(大ホール)
【料金】一般 310円(250円)、高校・大学生 150円(120円)
 ※小・中学生は無料。障がいのある方、老人福祉施設に入所の方は観覧料免除。
 ※(  )内は20人以上の団体料金。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2014-04-25 09:00 | 企画展・特別展 | Comments(0)

企画展「新収蔵展 ふるさとからの贈りもの」 開催

おかげさまをもちまして、この企画展は無事終了致しました。

b0111910_902446.jpg


青森県立郷土館では、我が県の歴史と文化を知り、後世に伝えていくための資料収集活動を行っています。この企画展は、収集された資料のうち、本年度新たに収蔵されたもの、また、過去に集められたものであっても公開する機会が少なかったものについて、広く一般に公開することを目的とするものです。
【会期】3月1日(土)~4月13日(日)
 ※ 会期中は無休。
【時間】午前9時~午後5時 ※入場は午後4時30分まで
【場所】当館1階特別展示室(大ホール)
【料金】一般 310円(250円)、高校・大学生 150円(120円)
 ※小・中学生は無料。障がいのある方、老人福祉施設に入所の方は観覧料免除。
 ※(  )内は20人以上の団体料金。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2014-02-28 08:59 | 企画展・特別展 | Comments(0)

日本アニメーション美術の創造者 山本二三展開催中

おかげさまをもちまして、この展示会は無事終了致しました。

b0111910_857633.jpg


 山本二三(やまもと・にぞう)氏は、1978年、アニメーション作品「未来少年コナン」で最初に美術監督を勤めて以来、高畑勲・宮崎駿両氏の作品の背景画制作と美術監督を長くつとめてきました。山本氏の描く背景画のなかにある「二三雲」と呼ばれる独特の質感を持った雲は、アニメーションの世界でよく知られています。
 本展では、「天空の城ラピュタ」(1986)、「火垂るの墓」(1988)、「もののけ姫」(1997)、「時をかける少女」(2006)の背景画のほか、現場スケッチ、イメージボードなど約200点を紹介します。世代を問わず、どなたにでもお楽しみ頂ける作品です。ぜひご覧下さい。

【会期】11月16日(土)~1月13日(月) ※年末年始12/29~1/3は休館
【時間】午前9時~午後5時 ※入場は午後4時30分まで
【場所】当館1階特別展示(大ホール)
【料金】一般=800円(600円) 大学・高校=400円(300円)
※(  )は前売および20人以上の団体料金 ※中学生以下は無料
【主催】TTHAグループ(東奥日報社・東奥アドシステム・日立ビルシステム・青森設備工業)、RAB青森放送
【共催】青森県立郷土館

【問い合わせ先】東奥日報企画事業部 017-739-1249
[PR]
by aomori-kyodokan | 2013-11-20 08:58 | 企画展・特別展 | Comments(0)

特別展『平尾魯仙』展示替え


b0111910_9365870.jpg
b0111910_9363722.jpg
b0111910_936411.jpg
b0111910_9361790.jpg

展示替えした資料


 現在開催中の特別展『平尾魯仙~青森のダ・ヴィンチ』は、先日展示替えを行いました。新たな資料をご覧頂きたいと思います。
 展示替えをした作品は以下の4作品です。
1・平尾魯仙「竹林の七賢図屏風」六曲一双→「鶴図屏風」六曲一双へ。
2・「山水図」の軸を2点、「十三湖之図」の軸、及び「山水図屏風」→「四季農耕図屏風」(六曲一双のうち左隻のみ展示)へ。
3・東京国立博物館所蔵『四季草花図譜』の頁替え(前期と違う頁を開いています)。
4・『異物図会』の下絵→『異物図会』5巻からそれぞれ代表的な絵図を紹介。
他に、今回来館者の方々から人気のある作品「虎図衝立」とその下絵を会場の中央の展示ケースへ移動しました。
 展示替えの中で特にお勧めは、奇妙な生き物を描いた本『異物図会』5巻です。絵柄もユニークだし、生き物たちの描き方も丁寧で色もきれい!「やっぱり本物は違うな」と思いますよ。
[PR]
by aomori-kyodokan | 2013-10-22 09:44 | 企画展・特別展 | Comments(0)

特別展『平尾魯仙-青森のダ・ヴィンチ』開会式

b0111910_1135675.jpg


 特別展『平尾魯仙-青森のダ・ヴィンチ』の開会式が行われました。主催者である橋本都青森県教育委員会教育長のあいさつ、平尾魯仙の御子孫にあたる三戸治子さんによる祝辞に引き続き、テープカットが行われ、特別展が開幕しました。
 平尾魯仙は、幕末から明治初めにかけて活躍したマルチな才能を持った人物です。あらゆるものに興味を抱き、死後の世界について著した『幽府新論』、うわさ話などをもとに奇妙な事物や出来事を取り上げた『合浦奇談』『谷の響き』、開国後間もない箱館などの様子を記した『箱館紀行』『洋夷茗話』、西目屋村の暗門の滝に旅行した時の記録『安門瀑布紀行』など、数多くの著書を残し、植物・動物・縄文土器など、様々なものを描いています。
 今回の特別展では、青森のダ・ヴィンチと称せられる魯仙の多彩で幅広い才能がどう培われ、どう熟成していったかを紹介します。

詳細はこちらをご覧下さい
 http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/culture/Hirao-Rosen.html

□主催=青森県立郷土館 □共催=東奥日報社
■会期 9月13日(金)~11月10日(日)9時~18時 ※11月は17時まで ※会期中は無休
■会場 青森県立郷土館

■料金 一般500円(400円)大学・高校240円(200円) ※(  )は20名以上の団体および前売券料金 
  ※中学生以下は無料 ※障害のある方は免除 ※常設展示も観覧可
[PR]
by aomori-kyodokan | 2013-09-17 11:41 | 企画展・特別展 | Comments(0)