ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

ふるさとの宝物 第143回 二枚貝「メガロドン」化石

b0111910_17193552.jpg

恐竜のような名前だが、そうではない。また、この名前を聞いて巨大サメの歯の化石を思い浮かべる方もいるかもしれないが、それでもない。これは、中生代の二枚貝の化石である。

メガロドンは、2億年以上前の中生代後期三畳紀に特に繁栄した二枚貝の1グループで、厚い殻をもち、驚くほど大型化したものや、特殊な形態をしているものがある。日本では北海道から九州の後期三畳紀の石灰岩から産出報告があり、本県では東通村尻屋地区に広く分布する石灰岩の一部から産出する。

………


※ 続きはあおもり見る知る掲示板をご覧下さい。


[PR]
by aomori-kyodokan | 2016-04-28 17:17 | ふるさとの宝物 | Comments(0)
<< ふるさとの宝物 第144回 内... ふるさとの宝物 第142回 祝い樽 >>