ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

ふるさとの宝物 第21回 松木満史の油彩画「牛」

文人知事が愛した小品

b0111910_1024139.jpg
松木満史「牛」

 1973年に、県立郷土館を設置したのは、文人知事として知られた竹内俊吉であった。「青森県の過去を振り返り、現在を見つめ、未来を考える」という設置の目的をあらわした竹内による一文が当館エントランスホールの壁面に掲げられている。
 文人知事といわれたように、竹内は芸術に造詣が深く、鋭い審美眼の持ち主であった。
 若き棟方志功の才能をいち早く見抜き、世に紹介したのは竹内であったし、戦前、東奥日報社の社員時代には、さまざまな美術展を開催したり、「サンデー東奥」という文化専門の紙面をスタートさせたりなど、本県の文化振興に多大な貢献をしている。
紹介の作品は、1頭の牛が描かれたB5判くらいの油彩画の小品で、描いたのは竹内と同じ木造町出身の油彩画家・松木満史である。この小品は竹内の親族から当館に寄贈いただいたもので、長く居間に掛けられていたという。
 竹内が毎日のように見続けていたこの小品が、時を経て当館の収蔵になったことに何か因縁があるような気がし、竹内が当館を設置した深い思いを考えさせられるのである。
(前県立郷土館学芸課副参事 對馬恵美子)
[PR]
by aomori-kyodokan | 2013-11-14 10:04 | ふるさとの宝物 | Comments(0)
<< 日本アニメーション美術の創造者... ふるさとの宝物 第20回 白神... >>