ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

松木満史展 5月26日(金)の開幕に向けて準備中

 県立郷土館では、現在、松木満史展は、開幕に向けて準備中です。その様子を写真でお伝えします。
 松木満史は大正から昭和中期にかけて活躍した洋画家で、詩情に満ちた世界を描きました。会期は5月26日(金)から6月25日(日)まで。場所は当館特別展示室です。ぜひご来場下さい!

b0111910_08454877.jpg
b0111910_08480300.jpg
b0111910_08485446.jpg

[PR]
# by aomori-kyodokan | 2017-05-23 08:51 | 企画展・特別展 | Comments(0)

ふるさとの宝物 第190回 松木満史の裸婦デッサン

b0111910_10231215.jpg

 「乳からかたにかけて緑の美しい影だ/顔は赤/はらはオークル/(膝?)から下は紫/右足のすねはやや白し/うでの影は赤に近い紫/四月二十七日夜描く」。

旧木造町(現つがる市)出身の洋画家・松木満史は、フランスで描いた裸婦デッサンにこう書き込んだ。松木がフランスに滞在していたのは19389月からの一年間ほど。その間熱心に取り組んだのが裸婦デッサンである。…………


※ 続きは「あおもり見る知る掲示板」でごらんください。

※ 新規記事の投稿等により、リンク切れが生ずる場合もありますが、その節はご面倒でも掲示板内をお探し下さい。


なお、この『ふるさとの宝物』の連載は今回をもって終了しました。長い間お読み頂き、ありがとうございました。




[PR]
# by aomori-kyodokan | 2017-03-30 10:25 | ふるさとの宝物 | Comments(0)

ふるさとの宝物 第189回 麻蒸し桶

b0111910_09595516.jpg


 写真は、民俗展示室にある麻蒸し桶である。下の大きな釜でお湯を沸かし切った麻を縦に並べこの木製の桶をかぶせて蒸した。固い麻はこの麻蒸し桶を使って蒸すことで柔らかくなりそこから麻糸となる皮を取った。綿花の栽培が困難だった地域では麻が貴重な衣服の原料であった。………


※ 続きは「あおもり見る知る掲示板」でごらんください。

※ 新規記事の投稿等により、リンク切れが生ずる場合もありますが、その節はご面倒でも掲示板内をお探し下さい。


[PR]
# by aomori-kyodokan | 2017-03-23 09:59 | ふるさとの宝物 | Comments(0)