ブログトップ

青森県立郷土館ニュース

kyodokan.exblog.jp

企画展「昭和家電パラダイス」マスコットキャラクターのご紹介

b0111910_08400909.jpg

 1118日からオープンする企画展「昭和家電パラダイス」に公式キャラクターが登場!!ボクの名前は「スナッくん」。昭和39(1964)年に発売された、多機能型トースター「スナック3」がモデルだよ。「スナック3」は、トースト、目玉焼き、ホットドリンクの3品が一度に作れる3in1調理機のさきがけ。今も似たような商品があるけど、50年以上も前にこんなアイデアを商品化したデザイナーさんやメーカーさんはすごいなあ。みんな、ボクに会いに来てね!


「スナッ君」

 「スナッ君」とは、青森県立郷土館の企画展「昭和家電パラダイス」のマスコットキャラクターである。東芝から発売された多機能型トースターHTS-62(「スナック3」、スナックスリー)をモデルとしている。特技は、「3つのことを一度にできる」、顔は健康的なトースト色である。時間に追われる独身のサラリーマンからの人気を博している。




[PR]
# by aomori-kyodokan | 2016-09-23 08:40 | 企画展・特別展 | Trackback | Comments(0)

ふるさとの宝物 第162回 攪拌(かくはん)式洗濯機

b0111910_17264147.jpg

 家事のなかでもとりわけ苦労の多かった洗濯。「それごそ手で、アガタグレで(あかぎれになって)まって血流れでくるよに洗ったんだ。毎日毎日」-東北町上北、89歳女性。

そんな主婦を助けたのが電気洗濯機だった。戦後、進駐軍による大量受注により、家電の製造は景気に沸いた。進駐軍の要求に見合う高品質な製品づくりが、その後の技術的発展の基礎になったと言われる。


………


※ 続きは「あおもり見る知る掲示板」をご覧下さい。


[PR]
# by aomori-kyodokan | 2016-09-08 17:25 | ふるさとの宝物 | Trackback | Comments(0)

浅虫水族館で連携展『青い海の塩作り』

b0111910_826181.jpg


 塩は人間が生きていく上で欠かせない物質です。塩の原料は、岩塩、塩湖の水、海水の3つがあります。日本には岩塩・塩湖はなく、古来海水から塩を得ていました。三方を海で囲まれた青森県では、縄文時代から塩作りが行われた事がわかっています。この展示会では主に縄文時代、古代、近世、近代に青森県で行われた塩づくりについて紹介します。

期  間 平成28年8月6日(土)~9月25日(日)
会  場 青森県営浅虫水族館(青森市浅虫馬場山1-25)
2階 イルカ館連絡通路
観 覧 料 無料(水族館入館料は必要)
主  催 青森県立郷土館
共  催 青森県営浅虫水族館

b0111910_8365136.jpg
今回、塩作りの実験のため、復元製作した土器

[PR]
# by aomori-kyodokan | 2016-08-12 08:42 | 連携展 | Trackback | Comments(0)